About

 Her movement is serene and languid at times, pounding, delirious, vulnerable and terrifying at others.

"Dialogue" with Haruka Nakamura The Art Complex Centre Tokyo 2012

"Dialogue" with Haruka Nakamura
The Art Complex Centre Tokyo 2012

 
 

Masumi Saito 

Masumi Saito is a movement artist based in London. She developed her own understanding of physical expression and discovered possibilities of adopting her movement work into non-traditional dance platforms. Collaboration and designing spaces with logic and emotions are central to her practice. Her movement is serene and languid at times, pounding, delirious, vulnerable and terrifying at others. Masumi is interested in exploring how the audience relates to the performer. Recent years she has worked closely with film works. Translating physical language into media has opened up her new avenue as an artist. 

Masumi also contributes as choreographer and performer for the Theo Adams Company since 2008. Company have since gone on to stage our work at some of the world's most prestigious theaters and art institutions as well as bridging fashion, art and performance through carefully selected partnerships with major collaborations for the likes of Louis Vuitton, W Magazine and Liberty of London.  

Previously she has performed at: Tate Britain, Tate Modern, ICA, RCA, Jerwood Space, Hayward Gallery, Kanazawa 21st Century Museum, Edinburgh Fringe, Aldeburgh Festival and Nakanojo Biennale.

Masumi’s recent film projects have been shown internationally at : 53ARTMUSEUM (China), International Video Dance Festival of Burgundy (France), Agite y Sirva Video Dance Festival (Mexico), International Screendance Festival at the American Dance Festival, SEDA (Argentina), Numéridanse.TV (France), Now&After13′ International Video Art Festival (Russia). 

 

 

マスミサイトウ

群馬県出身。ロンドン在住身体表現者・振付家。

幼少の頃からモダンダンスを習い、2007年単身渡英。2008年 ザ・プレイス / ロンドン・コンテンポラリー・ダンス・スクールを卒業後、主にイギリス国内で数々のソロパフォーマンスを発表。日本とヨーロッパで様々なスタイルのダンスに触れた後、独自の身体表現を確立。一般にいう踊りの舞台のみならず、様々な場でその活動の幅を広げている。多岐にわたる表現者たちとのコラボレーションや、論理的かつ感情的な空間を作り出すことを得意とする。

彼女の動きは激しく野性的、そして真っ直ぐで、観ているものの胸を痛めるほどに切ない。一度として同じではない舞台で、その瞬間の観客と自身が織り成す感情を、ありのままに飾り立てることなく表現する。空間や観客との表現を通しての対話を大切にしている。また近年は、その可能性を広げる為に、映像作品にも力を入れている。身体的言語をメディアを通して伝達することへの挑戦は彼女にアーティストしての新たな道を開いた。

また、イギリスで現在多くの注目を集めいるセオ・アダムス カンパニーでは、振付師そしてパフォーマーとして、カンパニー立ち上げ当初より共に活動してきた。2008年のテイトブリテンでの公演以降ファッションとアート、パフォーマンスの世界を繋ぐ架け橋のような作品を発表し続けてきた。それらはルイ・ヴィトンや写真家デイビッド・シムズに認められ現在ジャンルに関わらず出演オファーが絶えない。

 

 
Masumi Saito created a state of true delirium and euphoria
with bodies violently embracing every note of the music
to the point of ecstasy.
— dazed
 

 

 

Powered by Squarespace