Contact Masumi

January 睦月

Posted on Feb 2, 2017

Charles Jeffrey’s LOVERBOY AW17

1197646

 

Theo Adams Company brought Charles Jeffrey’s vision to life for the LOVERBOY AW17 show as part of London Fashion Week Mens.

2017。
新年の幕開けは慌ただしく、かなりエキサイティングな一月となりました。
London Fashion Week で二つの全く違ったスタイルを持つデザイナーのコレクションのショー/プレゼンテーションでの振り付けの仕事。今まで、パフォーマンスで参加したことはありましたが、振り付けで参戦は初です。両ショー共に、Theo Adams をディレクター、Jordan Hunt はミュージカルダイレクターとしてカンパニーで演出しました。

1197595

Photo Lucie Rox-Dazeddigital

まずは、1本目はロンドンで今一番挑戦的で面白い表現をしているのと思われるデザイナー、Charles Jeffrey のコレクションを盛り上げた泥を全身塗りたくったパフォーマー達に振り付けをしました。その半分以上がパフォーマンス経験のない、クラブキッズ達で、3時間しかないリハーサルはとても面白かった。彼らは自分をよくわかっていて、本番の彼らの表現はスキルはあってちゃんと振りはこなせるダンサーに目が全然行かないほど釘付けにさせられました。

ショーの様子は以下より。

Charles Jeffrey LOVERBOY at MAN AW17 from Fashion East on Vimeo.

“London’s favourite club kid teams up with Gary Card and Theo Adams to create a fantastical performance for AW17” Dazed and Confused

“The presentation itself was an outre thrill, the Theo Adams dance troupe — near-naked, mud-caked — providing a percussive pagan thrum.” Tim Blanks – BOF

“Loverboy was a major theatrical moment. The work was excellent on its own, but the show’s staging took it to a whole other place. Before the first model came out, dancers caked in mud took position against walls and around pillars. Their movement, choreographed by Theo Adams Company, was territorial stomps.” The Financial Times

ART SCHOOL AW17

Theo Adams Company created the show for ArtSchool’s debut presentation for Fashion East during London Fashion Week Mens at the Topman Space at the Old Selfridges Hotel

 

15877548_1099941270133572_8240330434563538944_n

そして、2本目がこちら。
今期デビューしたブランド、”Art School” のプレゼンテーションの振り付けです。
こちらは、30分のパフォーマンスをループする形での発表。こちらの方が私たちの要素を存分に盛り込み、ファッションウィークに挑戦できたのではと思います。こちらは、カンパニーメンバーが3人参加。他はパフォーマンス経験のないモデル。一度、羞恥の壁を取り払った時の個性溢れる表現はLOVERBOYのショーと同様、見ていて本当に気持ちがいいです。

“It was a tender, sweet, dramatic thing to see, this birth of the new Art School label, clearly done on a shoestring, but with facilitating help from so many quarters—Lulu Kennedy’s Fashion East for one, and the amazing young director Theo Adams, for another.” Sarah Mower -Vogue

“The models included dancers from the Theo Adams Company. The energetic presentation was set to a half-hour soundtrack that blended music and spoken word. The sounds of Judi Dench reciting “Macbeth,” the score of “Bugsy Malone” and orchestral piano were heard over the dancers and models acting out their drama rehearsal.” The New York Times

“Non-models free-formed to Adams’s direction with a freedom matched only by the interpretative tolerance of their clothes. This was bespoke otherness—so, hardly buyable in mass units for department stores—but it was unfettered, liberated from libido, and pure. It was fashion. You won’t see this in Milan.” Vogue

 

今回のこの二つのお仕事のおかげで、また自分の興味の範囲と今後の活動の可能性が増えました。
ダンサーを対象にしないワークショップなども精力的にオーガナイズしていけたらと思います。

 

個人レベルで、一月は、Movement Diary 専用のウェブを設立したり、インスタで過去のアーカイブを発信したりと、少しづつ、ゆっくりにですが、愛おしいMovement Diary プロジェクトにまた別の命を吹き込んであげているところです。

 

二月はパフォーマンスが一本と3〜5月に控えているプロジェクトの打ち合わせと振り付け作業で忙しくなりそうです。
息子も、2歳5ヶ月になりました。
最近、私のことをママちゃんと呼び、昼寝を一切しなくなり、キラキラ星が歌えるようになり、鏡を見て口紅を塗る真似をするようになりました。
母親業も、どんどん、楽しくなっていきます。

 

Masumi